スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたまをつかった小さなおばあさん

2008.02.07.10:45

あたまをつかった小さなおばあさんあたまをつかった小さなおばあさん
ホープ・ニューウェル 松岡 享子 山脇 百合子

福音館書店 1970-08
売り上げランキング : 91934
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


むかしむかし、あるところに
ひとりの小さなおばあさんがいました。
いえはとてもびんぼうでしたが、
おばあさんは
あたまをつかうことにかけてはたいした人物でした。

お話は10話に分かれていますが、
関連性はあります。
そして最後はすっきりとまとまっていて、
おばあさんの可愛らしさについ微笑んでしまいました。

1話の中に必ずおばあさんが考えるシーンがあるのですが、
その場面では、
おばあさんは、ぬれタオルをあたまにまいて、いすに座り、
ひとさしゆびをはなのよこにあてて、目をつぶるのです。

このポーズがちびすけはとても気に入ったらしく、
この場面にくると必ずまねをしていました。

子供がこうして真似をしたくなるような
繰り返しのリズムがある本、いいですね~♪


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

すいかちゃん

Author:すいかちゃん
小5と小2の野球小僧の母。

パパと子供達と犬のまりんと仲良く暮らしています♪

洋書絵本も大好き!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
with Ajax Amazon
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。