スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎんいろのクリスマスツリー

2008.12.10.22:34

4033270302ぎんいろのクリスマスツリー (世界の新しい絵本 (10))
パット=ハッチンス
偕成社 2000-11-02

by G-Tools


好きなんです!

ハッチンスさんの絵本♪

この季節ですし、ハッチンスさんですし、
思わず手にとりました。

リスさんが自分の木にクリスマスの飾り付けをします。
やり終わった時、辺りは真っ暗で何も見えなくなりました。
ところが、その時、
ちょうど木の真上に銀色の星が出ました。
りすさんはクリスマス・イブにみんなの贈り物として
このツリーをみせることにしました。
けれど・・・
次の朝、目覚めてみると星がなくなっている!
そこで星探しを始めます・・・

微笑ましいお話です。

スポンサーサイト

くろずみ小太郎旅日記

2007.08.21.09:11

くろずみ小太郎旅日記―おろち退治の巻 くろずみ小太郎旅日記〈その2〉盗賊あぶのぶんべえ退治の巻 くろずみ小太郎旅日記〈その3〉妖鬼アメフラシ姫の巻
くろずみ小太郎旅日記〈その4〉悲笛じょろうぐもの巻 (おはなし広場) くろずみ小太郎旅日記〈その5〉吸血たがめ婆の恐怖の巻

このシリーズ、にぃにがものすごくはまっています!!

くろずみ小太郎は「黒炭」の忍者です。


物語は単純明快。
毎回、旅をしている小太郎に次々と色々な化け物が襲ってきて、
それを色々な忍術を使って退治します。


そして迫力のある絵。
小太郎のどアップは圧巻です!


わざとらしく芝居がかって大げさに読むのが
この絵本は楽しいかも♪


まだまだこの先も小太郎の旅は続きそうです。
楽しみ♪楽しみ♪


紙芝居版も3巻まであるので、
それもまた迫力があって楽しめます!
最後にじゃんけんが書いてあって、
それが子供達には大うけ。
それは絵本の裏表紙にも書いてあります。
4591996492ポプラ社のこどもも読める紙芝居くろずみ小太郎旅日記 全3巻
ポプラ社 2005-03

by G-Tools






theme : 絵本
genre : 本・雑誌

きょうはよいてんき

2007.08.16.08:11

きょうはよいてんき
ナニー ホグロギアン Nonny Hogrogian あしの あき
4593500222

One Fine Day

和書の画像がなかったので、
洋書のものを載せました。


アルメニアの民話を素材にしたお話だそうです。
1972年にコルデコット賞を受賞した作品です。


いい天気の日、いっぴきのきつねがさんぽにやってきました。
あんまり歩いたので喉がカラカラになり、
そばにあったミルクのつぼがあったのでミルクをのみました。
しかしそのミルクつぼの持ち主のおばあさんはおこって
きつねのしっぽを切り落としてしまいます。
きつねはしっぽを元通りに縫い付けてくれとおばあさんに頼みます。
おばあさんはそれならミルクをかえしておくれといい、
きつねはミルクを探しに行きます。。。


繰り返しの絵本です。


こういう繰り返し絵本は
とても楽しいです。


このお話のあとに他の本を読んだら
びっくりしたことに設定は違うものの
まったく同じ内容でした。


そちらでは
そのお話はスカンジナビア半島で言い伝えられている昔話となっていました。世界の昔話は似たお話がたくさんあるんですね!


その絵本はこちら↓
ひよこのコンコンがとまらない―北欧のむかしばなしひよこのコンコンがとまらない―北欧のむかしばなし
ポール・ガルドン 福本 友美子

ほるぷ出版 2007-07
売り上げランキング : 352132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



きつねとトムテ

2007.07.22.10:55

ものすごい放置状態だったこのblog。。。


もともと文章を書くという作業が苦手なのにもかかわらず、
blogをあっちもこっちもやろうとするのが無謀なんだろうな(苦笑)
結局どちらもたいして更新せずにいます。


でもたまに書いただけなのに
コメントしてくれる方がいて
それがやっぱり嬉しくてきっぱりやめる気にはならないのです。


そんなわけでこちらのblogもマイペースで
まだポツポツと続けていけたらいいな。。。と思っています^^


今日はこの絵本。
きつねとトムテきつねとトムテ
カール・エリック・フォーシュルンド ハラルド・ウィーベリ 山内 清子

偕成社 1981-04
売り上げランキング : 573721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



図書館で借りて一目ぼれしてしまった絵本です。

お腹をすかせたきつねが
雪の夜にあかりがついている家をみつけます。
そこにはおいしそうな獲物が・・・
獲物のこやに飛び込もうとしたとき、
こびとのトムテがきつねに近づいてきます。。。


この絵本は
北欧の人々に慕われてきた善良な小人トムテの詩に、
画家ウィーベリが絵を添えたものだそうです。


冬景色がどれも綺麗な素敵な絵で
雪景色の寒々とした光景なのに
読後感は心がホカホカと温まります。


トムテについてはこちらに詳しく書いてあります。


ちびすけがこの絵本を読んで
「この小人さん、あのサンタさの絵本の小人だね!」と
言っていました。子供って鋭いな~







theme : 絵本
genre : 本・雑誌

かしこいビル

2007.05.08.07:38

Clever Bill
かしこいビルかしこいビル
ウィリアム・ニコルソン まつおか きょうこ よしだ しんいち

ペンギン社 1982-01
売り上げランキング : 182096
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(画像は洋書のものです)


昔の感じの味わいの絵で
文章も少ないのですが
絵が物語っています。


もう、、、ビルがね。。
とにかくいいんです!!



これは
何を言っても始まらない。
実物をどうぞ♪♪
プロフィール

すいかちゃん

Author:すいかちゃん
小5と小2の野球小僧の母。

パパと子供達と犬のまりんと仲良く暮らしています♪

洋書絵本も大好き!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最近の記事
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
with Ajax Amazon
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。