スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びりっかすの神さま

2010.06.30.09:39

びりっかすの神さま (新・子どもの文学)びりっかすの神さま (新・子どもの文学)
岡田 淳

偕成社 1988-10
売り上げランキング : 87493
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずっと気になっていた岡田淳さんの本。

何かいい児童書がないかな~と探すと
かならずこの作者さんの本がでてくる。

お話は・・
お父さんが亡くなって転校してきた始(はじめ)は、
自己紹介をしようとしたときに
ふわふわ飛んでいる小さな人間らしきものが目に入る。
見間違いかと思いきや、だんだんとそれが見えるようになる・・・。
このクラスの席順は前から成績順に並んでいて、一番最後の席に始が座ったからだ。
それというのも・・・。

「がんばる」ということの意味を考えさせてくれる本。

にいには今、
黒魔女さんが通る!! チョコ、デビューするの巻 (講談社青い鳥文庫)黒魔女さんが通る!! チョコ、デビューするの巻 (講談社青い鳥文庫)
石崎 洋司 藤田 香

講談社 2005-09-15
売り上げランキング : 15913
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちら↑のシリーズにはまっていますが、
ぜひ「びりっかすの神さま」も読んで欲しいな~。

しかし、子どもというのなかなか親が薦めた本
読んでくれないものですよね~^^;;
(私も小学生の時はそうだったから・・・(苦笑))
スポンサーサイト

頭のうちどころが悪かった熊の話

2009.05.22.20:36

頭のうちどころが悪かった熊の話頭のうちどころが悪かった熊の話
下和田 サチヨ

理論社 2007-04-02
売り上げランキング : 16957
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


好きだわ~この本。

まずタイトルに惹かれたのですが、
読んでも好きだわ~

疲れたときに読むと力がいい感じに抜けていいかも♪
なんていう風に思います。

児童書になるみたいだけれど、
大人が読んだ方がもっと味がわかる本かな。

余談ですが、
この本を読み始めようとした日に
うちのちびすけが木登りしていた木から落っこちて頭を打ち大騒ぎでした。
幸い、たんこぶとちょっと傷が出来ただけで済んでよかったのですが。。。
「頭のうちどころが悪かった」なんてことにならなくてよかったです

ランドセルがやってきた

2009.03.12.22:56

4198626626ランドセルがやってきた
村上 康成
徳間書店 2009-01

by G-Tools


もうすぐ一年生のちびすけに。。。読みました!!

ちびすけのランドセルは表紙の男の子と一緒のブルー。
なので余計親しみやすかったのか、
絵本の中のこの男の子と同じことをやってみたりしていました。

ランドセルが手元に届いた嬉しさいっぱいの気持ちが
伝わってくる絵本です

theme : 絵本
genre : 本・雑誌

三つ穴山へ、秘密の探検

2009.02.28.14:07

4751524410三つ穴山へ、秘密の探検
中村 悦子 Per Olov Enquist 菱木 晃子
あすなろ書房 2008-11

by G-Tools


表紙とカバーに書かれていたお話の内容に惹かれて読みました。

<三つ穴山>は、森のむこうの、そのまたむこうに、どうどうとそびえる
美しい山です。
その山には、ぶきみな三つの洞窟がありました。
おじいちゃんは、4人の孫をメンバーに<三つ穴山>を征服しようと、
秘密の探検隊をつくりますが・・・


おじいちゃんと孫の探検だなんて
わくわくしてきますよね。

このお話は作者さんが実際に4人の孫と飼い犬とともに別荘の近くにある
<三つ穴山>を探検したときのお話を元に書かれたそうです。

ちょっと無謀なおじいちゃんだけど、孫たちの性格をよくわかっていて、
ちゃんととりまとめてくれているところが素敵だなと思いました。

自分にとってちょっと怖いことや大変なことがあっても
それ以上の経験をすれば、そんなこと少しも大変なことでなくなる。
だから勇気を出してやってみよう。
そんな風に思える本でした。


挿絵が素敵・・・って思ってたら
「つるばら村シリーズ」(紹介記事はこちら)の挿絵を描いていた
中村悦子さんでした。
納得!!!

よじはん よじはん

2009.02.14.10:02

4834021289よじはん よじはん (世界傑作絵本シリーズ・韓国の絵本)
かみや にじ
福音館書店 2007-05

by G-Tools


まだ普通の家には時計というものがなかった時代の韓国朝鮮のお話。

小さな女の子がお母さんに「おとなりのお店のおじさんに今、何時が聞いてきて」って
頼まれました。
女の子はおじさんに「よじはんだよ」って教えてもらい、「よじはん、よじはん」とつぶやきながら
道端のにわとりやありやとんぼが気になり、ちょっとだけ寄り道。
ちょっとだけがたくさんで家にもどった時にはとっぷり日がくれていました。
でも女の子、お母さんに「今、よじはんだって」と元気に教えてあげました。

なんともほのぼの、ちっちゃな子の微笑ましいお話でした。

何度読んでも顔が自然とほころんじゃいます(*^_^*)

theme : 絵本
genre : 本・雑誌

プロフィール

すいかちゃん

Author:すいかちゃん
小5と小2の野球小僧の母。

パパと子供達と犬のまりんと仲良く暮らしています♪

洋書絵本も大好き!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
with Ajax Amazon
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。